大阪市西区北堀江の歯科医院として一般歯科はもちろん、審美歯科・ホワイトニング・インプラント・歯周病治療を中心とした診療を取り扱っております。

現代成人の約80%の人が患っていると言われているのが歯周病です。
これは、歯の周りの組織である歯肉や骨が歯周病菌に感染し、破壊されていく病気です。
歯は虫歯でもないのに、ぐらぐら揺れてきて、噛めないので抜かなければならず、よく「きれいな歯なのに歯医者に行ったら抜かれた」なんて聞くのはこの病気のためです。日本人は80歳で20本の歯が残っているというのが理想ですが、8本くらいしか残っていないというのが現状です。これでは本当の長寿国とは言えないのではないでしょうか?
この病気を防ぐには、まずは歯肉の検査後「歯科衛生士」による歯垢、歯石の除去を行います。そしてブラッシングです。必要な場合は麻酔をして、歯茎の外科処置を行うこともあります。そして数ヶ月に一度のメインテナンスが必要です。
最近、歯が浮いた感じがする、歯肉が赤く腫れている、ブラッシングの時に血が出る、口の中がネバネバする、口臭が気になる等の症状があれば要注意です。
是非歯科医院での診断を受けてください。
自分の歯で何でも噛める、良いお口を手に入れてください。

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。プラークには非常に多くのバクテリアが含まれていて、そのバクテリアの出す毒素が歯肉に炎症を起こし、そして歯をささえている骨を溶かすのです。 歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状があれば、歯周病にかかっているのかもしれません。また、歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えています。

成人の歯周病は、30歳ぐらいから自覚症状もなく発症し、適切な処置を行わないかぎり加齢とともにゆっくり進行します。
また、「喫煙」「糖尿病」「薬剤の服用」「よくない歯の治療」などの危険因子が重なった場合、特に、ダブル、トリプル、マルチプルに重なるほど、急激に悪化します。

その他、10代の人にも見られる全身的な影響によると考えられる早期発現型歯周炎があります。あなたが歯周病におかされていた場合には、どのパターンにあたるかを正確に診断することが重要です。