大阪市西区北堀江の歯科医院として一般歯科はもちろん、審美歯科・ホワイトニング・インプラント・歯周病治療を中心とした診療を取り扱っております。

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応のできなかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。インプラントの治療は、お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した新しい治療法です。

いろいろ治療していても保存ができず、残念ながら歯を抜く事になる場合がありますね。とても悲しいことです。しかもその後の処置によっては、ますます歯を失う事にもなりかねません。しっかりと考えて、いい治療を選択していきましょう。自分の歯があった頃と同じように、美味しく食べて、素敵な時間をすごしていきませんか?
まず一般的に歯を失うと、その歯を補うには3つの方法があります。

1つ目は「義歯」です。これは留め金を失った歯の前後に引っ掛けて、人工の歯を付けるというもので、「入れ歯」「部分入れ歯」等とも呼ばれています。利点は比較的簡単に作れ、費用も保険が適用されます。 しかし、異物感、発音障害、歯茎の変化による痛みが起こる事があります。

2つ目は「ブリッジ」です。これは、失った歯の両隣を削って、人工の歯を金属で繋げる方法です。利点は金属で繋げて固定するので、あまり違和感はありません。また、入れる歯の色が銀色であれば保険が適用されます。しかし、両隣の歯は削るので、その歯が虫歯になることもありますし、負担がかけるので寿命を短くしてしまうこともあります。 削る歯が健康できれいな歯であればなおさらもったいないですね。

3つ目が「インプラント」です。これは、歯が無くなってしまった所にチタン製のねじを埋め込み、その上に人工の歯を付ける画期的な方法です。これなら入れ歯のような不快感や、ブリッジのように余計な歯を削る必要がないので、とても自然な感じに仕上がります。 ただ、保険が適用されませんので、費用がかかってしまいます。しかし、自分の歯と同じように噛む事ができ、長く保つことができるので、価値は十分にあると考えております。

この機会に是非納得のいく治療をご検討下さい。

自分の歯と同じように噛む事ができ、違和感もありません。
健康な隣の歯を削ったりするような処置が必要ありません。
入れ歯では噛むことが難しかったものを噛めるようになります。
入れ歯のように取り外す必要がなくなり、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しく出来るようになります。
見た目も自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。